コスプレ衣装のオーダーメイド専門店:模様の製作方紹介

無地でシンプルのコスプレ衣装も模様がいっぱい、華やかのコスプレ衣装もあります。無地の衣装なら、画像の色の生地を使えば、大丈夫ですが、ここで紹介したいのは模様がある衣装です。

   模様の製作コストで分かれば、3種類があります。別々に刺繍、貼り付け(縫い付け)、印刷です。一番高くて、時間がかかるのは刺繍です。でも、面積が大きい模様は刺繍で再現できないことがあります。なぜかというと、刺繍ミシンンは規定のサイズがありますから。刺繍の模様は華やかで、画像の色が100%近く再現できます。例:

藤壺中宮の着物(袖の模様はすべて刺繍です):

   
イメージ 1

二番目は貼り付けと縫い付けと言う方法です。まず模様をカットし、後ろに接着剤を貼り付け、原作画像を見ながら、カットされた生地をベース生地に置き、アイロンします。模様の位置によって、固定された模様は落ちるかもしれません。しっかり固定するように、カットされた模様を衣装に縫い付けます。きれいに縫い付けるために、得意な縫製技術がなければ、ならないです。例:

真・三國無双6馬岱、陸遜(模様は貼り付けです):

  
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

貼り付け(縫い付け)という製作方法の長所は画像の色の生地があれば、模様の色も100%近く再現できます。価格は刺繍より安いです。短所は多色なら、模様を貼り付け(縫い付け)の所は硬くなります。

三番目は印刷です。印刷という方法は最初型紙を製作するコストは高いです。印刷機器の気持ちによって、色が100%再現されることがありますが、違う色になってしまうこともあります。機械は気持ちはないですね(笑)。印刷素材の制限がありますから、正しく色が再現できないことがあります。長所は衣装が軽く洗えます。短所はある色は再現できません。例えば:金色は再現できません。例:

KARAニコル STEP衣装、嵐二宮和也 2012アラフェス衣装、薄桜鬼 随想録雪村千鶴(模様が多くて、小さな衣装は印刷のほうは一番適合だと思います):

  
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 2
イメージ 3

 

   最近、「ビビッドレッド・オペレーション」の衣装は流行っているみたいですね。相関する衣装のオーダーは多くなってきました。そのあとは、完成した「ビビッドレッド・オペレーション」衣装を紹介しようと思っています。
 ご覧していただき、どうもありがとうございます!

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です