コスプレ衣装オーダーメイド:工房の様子

1着1着の衣装はどのように仕上がったか皆さんも知りたいでしょう。今日は工房の仕事様子をご紹介させていただきます。

   宇宙戦艦ヤマト2199の森雪さんの衣装を例としましょう。衣装が完成した後、マネキンに着られて、衣装の各部分の比例をチェックします。この仕事は裁断の担当者と縫製担当者二人でやります。もし、小物などがありましたら、小物チームの担当者も参加します。
img_658225_24627250_0

普通は一人の裁断担当者は手元裁断してる衣装以外、3着ぐらい製作してる衣装のデザインをチェックします。設計のデザインが希望通りに再現したかどうか、どう作って再現できるか途中で随時に縫製担当者と相談します。写真を見れば、分かると思いますが、森雪さんの衣装以外、周りまた2着の衣装があります。その2着の衣装もチェック待っています。

  工房は月曜日から土曜日まで仕事します。日曜日休みです。見積もりの時、出した製作日数は仕事の日と言うことです。
  作りたい衣装がありましたら、いつでも、お気軽にご相談ください。
ご覧していただき、どうもありがとうございます
ご覧していただき、どうもありがとうございます!

 

img_658522_24621665_0

ケータイで見る

yahoo

love_doubleeのブログ

 

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

 

http://www.cosordermade.com/

ケータイで見る

 

cosordermade

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です